ジョイナス速報

2chの野球に関するスレをまとめたブログです。主になんjの野球ネタをまとめています。

オールスター

14324
1: 風吹けば名無し 2013/08/26 09:39:56 ID:IMSlP8yS
チームを支えてきた同級生コンビは、活力の源をこう明かす。「チームの雰囲気がいいから」。
その言葉通りなのか。もう笑い話だが、新井が青ざめるハプニングがあった。

 MVPに輝いた球宴の舞台裏。新井が初戦の地、札幌ドームに到着すると、バッグにユニホームのパンツがなかった。
「うそだろ…」。契約メーカー担当者に電話をかけても、つながらない。こうなれば、最終手段。球宴組のチームメートに頼み込んだ。
「はかしてくれんか」。能見のパンツをはいた。サイズが合わない。藤浪のパンツは…何とかなった。すると、「おい、これやろ!お前、自分で準備せえよ」。
藤井が、バッグに隠し持っていた。ロッカールームが、一瞬で爆笑に包まれた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000021-dal-base

【【阪神】新井さん、ASでパンツを隠され藤浪のを穿いていた】の続きを読む

7324
1: 風吹けば名無し 2013/08/05 17:14:03 ID:6HZvC/sz
来季開幕は3月28日 球宴は西武ドームと甲子園
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/headlines/article/20130805-00000046-kyodo_sp
 日本野球機構(NPB)は5日、来季の主要日程を発表し、セ、パ両リーグは3月28日に4年連続で同時開幕する。オールスター戦は東日本大震災の復興支援として3年続けて第3戦を開催していたが来季は2試合に戻り、7月18日に西武ドームで第1戦、19日に甲子園で第2戦を行う。
 日本シリーズは10月25日にセ・リーグの本拠地で始まる。セ、パ交流戦は5月20日から6月26日。クライマックスシリーズの日程は未定。
 また、2軍はフレッシュオールスターゲームが7月17日、イースタン・リーグとウエスタン・リーグの優勝チームが対戦するファーム日本選手権は10月4日で、ともに開催場所は未定。

【【朗報】オールスター、来季は2試合制に】の続きを読む

3724
1: 風吹けば名無し 2013/07/22 16:04:35 ID:FlRTWEQa
 球宴を舞台にセ・リーグに新たな“遺恨”が勃発だ。きっかけとなったのは20日、神宮で行われた第2戦。ここで全セの原辰徳監督(55)は、
自チームのルーキー・菅野智之投手(23)を先発に指名した。だがこれに納得できなかったのが「ライアン」こと小川泰弘投手(23)を抱えるヤクルト。
実は球宴前に原監督が発した起用を巡る“ひと言”がツバメの怒りに火を付けていたという。

 全セが3―1で勝利を収めた第2戦。勝利投手は神宮に本拠を置くヤクルトのゴールデンルーキー・小川だった。
2回1失点だった先発・菅野からマウンドを譲られると「一人ひとりぶっ潰す気持ちで対戦した」と肝っ玉の強さを発揮。2回無失点で、新人では上原(巨人)以来14年ぶりの勝ち星を手にした。

 神宮に陣取ったツバメファンは「どうだ見たか!」という思いで見ていたのではないか。この日、全セの指揮を執る原監督へ向けて一部ファンからブーイングが飛ぶ場面があった。
理由は簡単に想像がつく。「神宮開催なのに、なぜ小川を先発させないのか」という疑問があったのであろう。

 実際にこの日はヤクルトの現場でも、同じ感情を抱いていたナインや関係者が少なくなかった。両チームの間に“遺恨の種”が生まれたのは球宴前、
今月9日に山形で行われた試合前のことだ。ヤクルト関係者が、こう声を荒らげて問題のひと幕を明かす。

【【オールスター】原監督の“伯父バカ”発言で巨人ヤクルト新遺恨】の続きを読む

38452
1: 風吹けば名無し 2013/07/22 16:49:37 ID:VTdbb9wt
1 (遊) 坂本 0 0 0 0 .500 0
2 (二) 西岡 0 0 0 0 .333 0
3 (右) バレンティン 0 0 0 0 .000 0
4 (指) ブランコ 0 0 0 0 .250 0
5 (一) 新井貴 0 0 0 0 .600 0
6 (中) 長野 0 0 0 0 .667 0
7 (左) 丸  0 0 0 0 .333 0
8 (三) 堂林 0 0 0 0 .000 0
9 (捕) 藤井彰 0 0 0 0 - 0

【【速報】オールスター第3戦スタメン発表】の続きを読む

89521
1: 風吹けば名無し 2013/07/22 12:33:10 ID:5NJNvZ3C
日本ハム・大谷が21日、東京都内で会見し「オールスターは楽しいです。その雰囲気自体が楽しいですし、シーズン中とは違う。試合に出られること自体楽しいです」とパの主役を演じたここまでの球宴2試合を振り返った。
1、2試合ともほぼ試合に出ずっぱりだったため、出場している一流選手に話を聞くという目的はまだほとんど果たされていない。
「みなさんいい人達ばかりで(ロッテ)鈴木さんとかも話しかけてきてくれる」とはいうものの、一番気になっている日本のエース、楽天・田中とはあいさつしかできていないという。
「1戦目は向こう(田中)が先発でしたし、2戦目は僕がフル出場したので話ができなかった」。話しかけるきっかけがつかめないまま、第3戦まで来てしまった。
「(田中の)キャッチボールを見てたりとかゲームの入り方とかすごく勉強になる。ただ意識していることは分からないのでブルペンに入るタイミングとかで聞いてみたい」。
田中のほうも「球は本当に速い。指にかかった時のボールは素晴らしい。投手として調整する時間は限られてくると思うので、そこでうまい調整の仕方ができてきたら長いイニングも投げられると思う」
と大谷に興味津々ながら「僕もなかなかしゃべりかけられないですね」という。
意識し合いながらなかなかあいさつ以上の会話にならない状況を打破するにはやはり大谷が一歩前に出るしかない。福島いわきで今日24日に行われる第3戦は幸いベンチスタート。
このオフにメジャー移籍が確実視されている田中から投手としての成長につながる話を聞けるのはこれがラストチャンスになるかもしれない。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/165249/

【【オールスター】大谷、まだマー君とおしゃべりしてない】の続きを読む

このページのトップヘ

!-- コンテンツエリア ここまで--