ジョイナス速報

2chの野球に関するスレをまとめたブログです。主になんjの野球ネタをまとめています。

読売ジャイアンツ

20140419-00000097-dal-000-6-view
「巨人2‐7中日」(19日、東京ド)

 中日が2‐2の延長十一回に5点を挙げて勝利。今季10勝9敗で貯金を1とした。

 この回先頭のルナ、続く平田が巨人の4番手・西村から、ともに初球を連打し、森野の犠打で1死二、三塁。ここで和田の三遊間を破る適時打で放ち勝ち越し、1死一、三塁。巨人・原監督は西村をあきらめ、高木京を登板させた。

 原監督は試合後、「今日も西村は決していい方ではなかった」と話した。西村は前夜(18日)もセーブこそついたが、九回に打ち込まれていた。

 中日はなおも代打・小笠原が四球を選び1死満塁とし、堂上直の適時打でこの回2点目。さらに代打・野本が右越えに2点二塁打を放ち、大島の犠飛とたたみかけ、一気に5点を奪った。

 延長十一回に代打、代走を繰り出し、5点をもぎ取った中日の谷繁兼任監督は、「ベンチにいる選手も(試合に)出ている選手も、全員でプレーする。そういう形が出た試合だった」と納得の表情で話した。

 中日は0‐2の七回、先頭・森野が四球で出て、続く和田が左翼へ同点の5号2ラン。先発・大野は9回7安打2失点。

 巨人は阪神と入れ替わり、2位から3位に。初回2死二塁から村田が右翼へ適時二塁打を放ち先制点。六回には2死一、三塁から村田の適時打で2点目。先発・内海は8回4安打2失点。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000097-dal-base 
1: 名無しさん 2014/04/19(土)21:31:29 ID:hjBMgvLLP
どうしてこうなった・・・

【巨人の中継ぎwwwwwww また終盤の“方程式”が崩壊…】の続きを読む

◇セ・リーグ 中日7―2巨人(2014年4月19日 東京D)

 中日が巨人との延長戦を制し、今季19試合目で10勝に到達。貯金を1に戻した。延長11回、ルナ、平田の連続安打から1死二、三塁とし、和田の左前適時打で勝ち越し。さらに堂上直、代打・野本の連続適時打などで この回5点を奪って勝負を決めた。

 6回までは巨人先発・内海に3安打と抑えられていた中日打線。しかし7回、四球の森野を一塁に置き、和田が左越え5号2ランを放って追いついた。

 投げては先発・大野が粘りの投球をみせた。初回2死から1点を先制され、6回にも失点したものの、9回を投げ抜き7安打2失点。2番手・田島が今季2勝目。

 巨人は初回、2死二塁から村田の右翼フェンス直撃の適時二塁打で先制。6回にも村田の左前打で加点し一時は2点リードを奪った。だが、先発・内海が7回に同点2ランを浴び8回4安打2失点で降板。その後をマシソン、山口とつないだが、4番手・西村がつかまった。連勝は3でストップし、3位に転落した。
BllhgrfCMAATCd2
45: 名無しさん 2014/04/19(土)21:44:13 ID:hjBMgvLLP
大野のなんとも言えん表情・・・

【【中日】和田の勝ち越し打で延長戦を制す 大野・内海ともに勝ち星付かず】の続きを読む

20140417-00000035-sph-000-2-thumb
◆ヤクルト8―9巨人=延長10回=(16日・神宮)

 興奮が収まらない。バレンティンは叫び声を上げながら、マシソンに応戦した。

 1点を追う9回2死。左越えにリーグ単独トップとなる7号ソロを放ったバレ砲は、打球のスタンドインを確信すると両手をたたき、ガッツポーズを繰り出した。2日連続でリリーフ失敗となったマシソンは、そのポーズに激高。人さし指を突き上げ、何度も「F〇CK!」。バレンティンは三塁を回る際、「文句があるなら来い!」というような、手をまねく動作を見せ、生還するやいなや、マウンドに向かって行った。マシソンもグラブをたたきつけ、両軍ナインもグラウンドに飛び出した。

 伏線はあった。初球、2球目と直球、3球目にスライダーが来て、バレンティンには「根性なし」という感じの、鼻で笑うような雰囲気があった。「マシソンも昨日、やられて(打たれて)いるというのもあったのでは」と、あるヤクルトのコーチは振り返った。

 試合後、バレンティンは「自分は間違ったことはしていないつもり。白熱した試合でホームランを打ったうれしさを表現したつもりだが、向こうは気に入らなかったのだろう」。一方、マシソンも「野球なので、お互い熱くなることもあります。ただそれだけ」とコメントした。「負け犬の遠ぼえだよ。全部、アイツ(マシソン)が悪い」と阿部だけは冷静だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140417-00000035-sph-base 

1: 名無しさん 2014/04/16(水)23:46:51 ID:re3eSUyKl
プロレスかな?

【【動画】マシソン、バレ挑発で乱闘寸前!阿部「負け犬の遠ぼえ、全部、マシが悪い」】の続きを読む

a457188a-1
1: 名無しさん 2014/04/17(木)08:54:55 ID:Fn0WAg70Q
 2点リードで8回を迎えれば、巨人にとって安全圏のはずだった。最強の中継ぎユニット、マシソン-山口-西村の「スコット鉄太朗」が、もつれにもつれた終盤を演出してしまった。

 山口から入った。うつむいて持ち場に駆けた。何年も繰り返してきた光景だった。ただマウンドでは頼もしい姿がなかった。独特の低重心を取れず、パワーをためこむ体のねじりも小さい。打者に向かって腕が伸びてくる、あの迫力が影を潜めていた。無死一、二塁の悪条件でバレンティンだった。代名詞のスライダーを2球続け適時打された。なお1死一、二塁でベンチはタオルを投げた。

 振れている下位打線に、西村の浮いた球は通らなかった。3連打と犠飛でこの回、4点を奪われた。9回。片岡の適時打を確認したマシソンが肩を仕上げた。2死でも、バレンティンに真ん中高め151キロは虫が良かった。相手に絡み、騒乱の引き金まで引いた。山口は、川口コーチと投球フォームを確認しながら引き揚げた。西村は「ランナーをかえしてしまった。申し訳ない」とこわばった。マシソンは「エキサイトすることもある」だった。

 どこまでも「スコット鉄太朗」で勝ってきた。総崩れは原辰徳監督(55)の辞書になかった。「そうなんだよね。う~ん」と階段を上がり「ウチのパターン。明日、変えることでない」と言った。イニングまたぎの登板を極力避ける。香月、高木京、笠原の中から、状態のいい者を組み込む。不動だったマシソン-山口-西村の並びを変える。彼らの負荷、特に山口の負荷を一時的に下げ、復調を待つ環境を整える時だ

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140417-1286458.html

【スコット鉄太朗総崩れに原監督「う~ん」】の続きを読む

gia14040604520000-m1
1: 名無しさん 2014/04/06(日)06:14:06 ID:aiEiUXXCV
日本中のG党のみなさま、リーグ3連覇は“当確”でございます!!
巨人は5日、中日2回戦(ナゴヤドーム)に延長十回、5-3で競り勝ち、単独首位に立った。
新加入の片岡治大内野手(31)=前西武=が決勝の右前適時打、
古巣との戦いに初先発した井端弘和内野手(38)=前中日=も執念の内野安打を放つなど「アライバ」ならぬ「カタイバ」が活躍。
5連勝で6勝1敗とした巨人、過去に開幕7戦6勝以上のシーズンは優勝確率90%だ。
早くもほぼ優勝、ってわけです。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20140406/gia14040604520000-n1.html
http://www.sanspo.com/baseball/news/20140406/gia14040604520000-n2.html
http://www.sanspo.com/baseball/news/20140406/gia14040604520000-n3.html

【【朗報】巨人、優勝確率90%!】の続きを読む

SnapCrab_NoName_2014-4-5_21-27-5_No-00
SnapCrab_NoName_2014-4-5_21-26-57_No-00
SnapCrab_NoName_2014-4-5_21-26-47_No-00
 ◇セ・リーグ 巨人5―3中日(2014年4月5日 ナゴヤD)  
巨人の阿部が5日、ナゴヤドームでの中日2回戦で死球を受けて途中交代した。  
延長10回無死一塁から中日5番手・田島の投球を左ふくらはぎに受け、グラウンドに座り込んだ。患部を押さえながら痛みで表情をゆがめると立ち上がれず、仲間の肩を借りてベンチへ。代走・小林を送られ交代した。  
試合後、左足に包帯を巻いて引き揚げた阿部は「明日は厳しいかも」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000145-spnannex-base
【【巨人】阿部 ふくらはぎに死球で交代 「明日は厳しいかも」】の続きを読む

SnapCrab_NoName_2014-4-4_21-4-52_No-00
SnapCrab_NoName_2014-4-4_21-5-22_No-00
<中日-巨人>◇4日◇ナゴヤドーム

 中日川上憲伸投手(38)が5回7安打2失点で降板した。

 4回1死一塁。8番橋本に高めの変化球を右翼線へ運ばれて先制点を献上。5回には1死三塁からアンダーソンに左前適時打を浴びて2点目を献上した。

 降板後は「先取点を与えたのがよくなかった。1点で防ぎたかった気持ちがあります」とコメントした。


【【中日】巨人に完封負け 川上5回2失点「1点で防ぎたかった」】の続きを読む

20140404-00000501-sanspo-000-8-view
1: 名無しさん 2014/04/04(金)06:51:38 ID:???
※ 午後3時5分ごろにDeNA側から中止を知らされた巨人は規則に従ってセドンの登録を済ませていた。もし、3時前に雨天中止が発表されていれば1週間後に予定されている左腕の先発登板までに、手薄な中継ぎ陣や内野手の補充ができていた。原監督も「いつ(中止を)決めたの? ってなる。何となく、フェアじゃない。ホームチームだから有利に働くのか? いいか悪いかではなくて、大事な部分。正々堂々と勝負するのが、スポーツの原点だ」と強く抗議した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140404-00000501-sanspo-base

【【巨人】原監督、DeNAの“不手際”に物言い「フェアじゃない」】の続きを読む

G20140404007906830_thum
1: 名無しさん 2014/04/04(金)08:42:56 ID:PxmV5PfmH
 前日のDeNA戦(横浜)で走塁中に胸部を痛めて途中交代した巨人の井端だが、「大丈夫です」と強調。昨季まで16年間在籍した古巣・中日との3連戦については「(特別な意識は)特にない。もう巨人の一員ですから」と冷静に話した。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/04/kiji/K20140404007908180.html

【井端 古巣相手に特別意識なし「もう巨人の一員ですから」】の続きを読む

このページのトップヘ

!-- コンテンツエリア ここまで--